事業案内

臨床検査機器事業 [開発・製造]

 

テラメックスの開発はあくまで顧客と歩調を合わせたパートナーシップが原則です。しかし、それは顧客からの要求をそのまま受け止めた対応策を立案するだけといった、受動態としての役割を果たすことではありません。

自らをひとつの能動態として位置づけ、自発的な企画提案を通して、時代にマッチした製品開発は、お客様との信頼関係で成り立っています。提示されるのは、完成時のスペックだけ。それをもとに私たちは、蓄積した技術情報、調査データを総動員し、独自の開発テーマを探ります。

 

ときには、顧客の持つ基礎技術を活かしたまったく新しい機器を提案するなど、この作業の中から隠されたニーズを掘り起こし、よりすぐれた処理能力や精度をもつ先進の製品開発に尽力します。

 

 

メカトロニクス技術

― 幾通りもの可能性から実現性を探る ―

 

 

お客様の求める性能を、コンセプト、デザイン、処理能力、コストなど、マルチな視点で検討を加え、最終的な製品の形を見通しつつ、一つ一つのスペックを素材から検討。機械的、電気的な可能性を探りながらデザインし、最適な製品構成を提案します。昨今では、より早く、より大量に、より正確に、試薬の使用量を最小にといった性能面はもちろん、操作性やメンテナンス性能も重視して設計します。お客様の求める以上のセールスポイントを付加すること、これが私たちの誇りです。

 

要素技術

高精度検体サンプリング、試薬高速ハンドリング、攪拌・希釈・洗浄機構、サンプル搬送機構、3次元CAD、光造形、各種成型(樹脂、ダイカスト、プレス、板金)、高精度温調

エレクトロニクス技術

― 最新情報、技術をいち早く導入 ―

 

 

「いかに最新の技術をコストパフォーマンスの高い状態で取入れるか」テラメックスのエレクトロニクス技術は、この一言に集約されるといっても過言ではありません。そのために採用する技術は原理を確かめ、ユニットレベルではなく、部品レベルでの採用を心がけています。また、近年重要性を増しているEMC対策では、プリント配線板と電子回路を、全て自社内で設計していることが、大きな効果をあげています。

 

要素技術

プリント配線板設計、電子回路設計、3次元ハーネス設計、液面・気泡検知、32bit CPU、ペルチェ素子、EMC対策、FPGA

ソフトウェア技術

― マン・マシン・インターフェースを追求 ―

 

 

機器の動作制御や高精度な分析を司っているのがソフトウェア技術です。テラメックスでは専用のリアルタイムOSを開発したり、導入品に手を加えることで、最速で高性能な分析ができるシステムを構築しています。
そのために、新しい検査手法の採用や最新技術、最新機器を導入するごとに行うプログラムの変更も最小限ですみ、高い操作性と信頼性を誇っています。
また、メンテナンスを容易にする自己診断プログラムやUSBメモリーによるソフトのバージョンアップ手法も好評です。各種機器は、ユーザーの視点を知り尽くした製品として、数多くの医療現場で採用されています。

 

要素技術

リアルタイムOS、C、C++、USBホスト、メモリーカード、画像データ処理、QRコード、バーコード

光学測定技術

― 測定に最適な光学系を設計 ―

 

 

対象物からの反射・散乱光やサンプルからの発光・蛍光及び透過光・散乱光などから測定値を求めます。例えば、尿自動分析装置では、業界で初めてCCDカラーイメージセンサーを採用することで、測定信頼性の大幅な向上に寄与しました。


要素技術
極微弱光測定(フォトカウンティング)、イメージセンサ(CCD,CMOS)、半導体レーザ、ポジションセンサ(PSD)、フォトダイオード

製品製造ライン

― 信頼されるものづくり ―

 

 

臨床検査機器の開発・試作機の製造評価・製品量産・アフターサービスまで、永年培ってまいりました高い技術と豊富な経験を背景に、TMK QMS(テラメックス 品質管理システム)を効果的に運用し、高品質・高信頼性の製品を提供します。(写真:製造ライン)

トップへ